ヨガの効果は心もカラダも健康になれる究極のエクササイズ。脂肪が燃えやすいダイエットいらずのカラダへ導く真のカラダ改革。

「この世を絶ちたいと思った」あの今井メロが衝撃的な過去を激白について

スポンサード リンク

「この世を絶ちたいと思った」あの今井メロが衝撃的な過去を激白

1 :砂漠のマスカレード ★ 2017/11/03(金) 21:08:28 ID:CAP_USER9.net
元五輪スノーボードハーフパイプ日本代表の今井メロ(30)が3日放送のフジテレビ系「金曜プレミアム キテレツ人生!第6弾」(金曜・後7時57分)に出演。
精神科への入院、自殺未遂など壮絶な過去をテレビ初告白した。

6歳から始まった父親の「24時間スノボ漬け」にするスパルタ過ぎる教育で心が疲弊していった今井。
2002年には父親から離れ、児童相談所へ。
鬱状態となり、精神科に入院もしていたという。

しかし、スノボの練習に全てを捧げた結果、05年のスノーボードW杯に優勝。
世界ランク1位の“天才少女”として06年トリノ五輪に出場も予選敗退の惨敗。
「税金の無駄遣い」「日本の恥」などとバッシングを受けたことで完全に心が壊れたという。

家から出られない引きこもり生活が半年続き、五輪から1年後には「普通の女の子になろう。キラキラした世界に入ろう」と大阪でホステスに転身。
ホストクラブで500万円を散財。貯めていた五輪時のスポンサー料も使い切った頃、「今井メロ、風俗嬢に」という週刊誌報道も出た。

「友達の結婚式にご祝儀を包みたくて、3日間、風俗店で働きました」と風俗店勤務も事実だったことを明かした。

しかし、「生きているのがバカみたいになった」とリストカット。「この世を絶ちたいと思ったんです」と自殺未遂に及んだことも告白した。
「何度くらいしたかな。数がもう分からない」と数多くのリストカットの跡をテレビカメラの前で公開した。

「母の涙を見て、自分がバカだったことが分かった。子供たちにお母さんのすごい姿を見せたかった」と振り返った今井。
2度の結婚、離婚を繰り返し、現在、2人の子供を育てるシングルマザーの今井は今年、
スノーボード全日本選手権に電撃復帰。4日間の練習で優勝を飾る快挙を成し遂げている。

http://news.livedoor.com/article/detail/13842385/
2017年11月3日 20時30分 スポーツ報知

hg
続きを読む

記事引用元
「この世を絶ちたいと思った」あの今井メロが衝撃的な過去を激白



#2chまとめ

スポンサード リンク


関連記事

スポンサード リンク

スポンサード リンク