ヨガの効果は心もカラダも健康になれる究極のエクササイズ。脂肪が燃えやすいダイエットいらずのカラダへ導く真のカラダ改革。

アイソメトリックとは

スポンサード リンク
0-60

コンセントリックトレーニング、あるいはエキセントリックトレーニングと
いった運動は、筋肉に伸び縮みを与える運動です。



例えば、腹筋などは非常にわかりやすいでしょう。


身体を寝かせた状態からグッと上体を持ち上げ、腹筋に負荷をかける運動です。


この場合は身体を縮めているので、コンセントリックトレーニングとなります。


そして、その状態から再び上体を元に戻しますね。
これがエキセントリックトレーニングです。



よって、腹筋はこの二つのトレーニングを組み合わせたものとなります。


通常は、持ち上げる時のみに鍛えられている感覚がありますが、
実際には持ち上げ、戻すその両方で鍛えられているのです。

0-60

アイソメトリックとは


それらに対し、アイソメトリックとは等尺性筋収縮のことです。
よって、アイソメトリックトレーニングは等尺性筋収縮運動となります。



これは、関節運動が伴わない、つまり筋肉が伸びも縮みもしない運動のことです。


そして、この運動が、近年流行のアイソメトリックということになります。



ただ、アイソメトリックトレーニングは全く筋肉を動かさない運動と
いうわけではありません。


それでは筋肉トレーニングにはならないですね。



また、関節を曲げない、というわけでもありません。


あくまで、事前の状態から筋肉の収縮がないという意味です。


よって、例えば腕相撲をした場合、最初から腕は曲げていますね。



それで、グッと両者が力を入れて、力が拮抗して動かなくなったとします。

この場合、これがアイソメトリック状態となるのです。



アイソメトリックトレーニングの特徴


様々な筋肉トレーニングの中にあって、アイソメトリックトレーニングの
特徴を挙げるとすれば、それは「静止トレーニング」という点に
集約されるでしょう。



トレーニングというのは通常、身体を動かすことが前提です。



走る、跳ぶ、曲げる、押す、上げる等々、筋肉を駆使して様々な動作を
行います。


それによって筋肉に負荷と疲労を与え、それを回復させることで
同時に筋肉は増強されます。


ほとんどの筋肉トレーニングは、筋肉を動かすことで負荷を与えているのです。



実際、お年寄りをはじめ、身体を動かすことが困難な人向けのトレーニングで
あっても、最低限の運動は行うのが一般的です。



例えば、ジョギング、あるいは散歩と行ったトレーニングにしても、
身体をしっかりと動かしています。



また、散歩をすることも難しいという人でも、関節をしっかりと動かして
温めるストレッチ等を行っています。



こういった動きがトレーニングには必要というのが、普通の考え方では
ないでしょうか。



そんな中で、アイソメトリックトレーニングでは
「静止状態」がひとつのキーワードとなります。




静止している状態でトレーニングになるのか?

という疑問がまず湧いてきますが、実際にはなります。



重要なのは、筋肉に負荷をかけることです。



アイソメトリックトレーニングは、筋肉を静止、つまり伸び縮みをさせない
状態で、身体に負荷を与えるトレーニングとなっています。




そのため、他のトレーニングにはない様々なメリット、
長所が生まれてくるのです。



アイソメトリックは身体への負担が少ない


基本的なアイソメトリックトレーニングのメリットとしては、
身体に対して負担をあまりかけない、という点が挙げられます。



通常、トレーニングというものは身体をいじめてはじめて効果が出るものです。


それは、たとえ過酷なトレーニングではない場合でもいえることです。



スポーツマンが行うハードトレーニングはもちろんですが
、怪我をしてその箇所の運動機能が著しく落ちた場合に、その運動機能を
回復させるために行うリハビリテーションなどのトレーニングでも、
それは例外ではありません。



また、お年寄りが体力の維持のために行うジョギングや散歩でさえ、
少なからず体力を消耗させます。



しかし、アイソメトリックトレーニングでは、そこまで身体に
負担はかかりません。



まず、心肺機能に関しては、最低限の負荷しかかかりません。


走ったり泳いだりなどという運動ではないので、息切れを起こしたり、
めまいや吐き気が起こるような過度な運動を行うことはまずないのが、
このアイソメトリックトレーニングの特徴です。



また、体力だけではなく、関節への負担も少なくて済む点がポイントです。


特に高齢者の人にとって、関節の運動をすることはかなり痛みを伴う
ケースが多いものです。



そんな中、アイソメトリックトレーニングは筋肉の収縮を行わず、
関節を曲げることもないため、関節への負担はほとんどありません。



よって、身体が弱っている人でも実践できるトレーニングとなっているのです。

リハビリをはじめ、数多くのシチュエーションで利用できる
トレーニングとなっています。


スポンサード リンク


関連記事

スポンサード リンク

スポンサード リンク