ヨガの効果は心もカラダも健康になれる究極のエクササイズ。脂肪が燃えやすいダイエットいらずのカラダへ導く真のカラダ改革。

【切ない】斎藤佑樹投手、自分の試合が甲子園ベスト1に選ばれ、喜ぶwwwwwについて

スポンサード リンク

【切ない】斎藤佑樹投手、自分の試合が甲子園ベスト1に選ばれ、喜ぶwwwww

1 :名無しさん@涙目です。
ダウンロード
朝日新聞が行った各都道府県ごとの最も印象に残った試合を決めるアンケート「甲子園ベストゲーム47」で、東京の1位となったのは、引き分け
再試合の末に早稲田実が駒大苫小牧を破った、2006年の第88回大会決勝だった。「ハンカチ王子」と言われた斎藤佑樹投手(日本ハム)が、
田中将大投手(ヤンキース)に投げ勝った試合だ。

ランキングの詳細はこちら

 斎藤投手は投票結果を受け、「1位だなんて、うれしい限りです。11年前のことを、まだそんなに覚えていただいているのはうれしいです。
今も現役で野球を続けられているのは、あの試合があったからこそと思っています」と話した。

 「あの試合で、人生が変わった実感はあります。あの大会を通じて、僕自身もレベルアップしました。あの甲子園がなかったら、その後、どういう形で
野球をやっていたかわかりません。僕にとって、人生をよくしてくれた、いい意味で変えてくれた試合です」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170821-00000056-asahi-spo
斎藤佑樹
斎藤 佑樹(さいとう ゆうき、1988年6月6日 – )は、北海道日本ハムファイターズに所属するプロ野球選手(投手)。

概要
2004年「野球も勉強もトップレベルの高校で文武両道を目指す」との理由で推薦入試で早稲田実業学校高等部に進学。 2006年夏の甲子園大会優勝。 2007年早稲田大学教育学部社会科社会科学専修に入学し、早稲田大学野球部に入部。 2010年北海道日本ハムファイターズ入団。 2012年3月19日、プロ入り2年目で自身初の開幕投手に指名され、3月30日の開幕戦(札幌ドーム、埼玉西武ライオンズ戦)にて9回1失点で初の完投勝利を挙げた。 2013年前年の右肩痛の影響もあり2軍スタート。二軍で9失点を喫した後に復帰を果たすものの、5回もたずKOされ、1軍での登板はその1試合のみに留まり、二軍での成績も1勝3敗、防御率8.61に終わった。 2014年7月31日の対ロッテ戦(QVC)で先発し、5回まで毎回走者を出しながらも、6イニングを6安打、ソロ本塁打による1失点で抑え、2012年6月6日の対広島戦以来785日ぶりに勝利投手となった。 2015年この年も不振を脱却することができず、12試合の登板で1勝3敗、防御率5.74と不本意な成績で終わった。

a
斎藤佑樹 – Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/Wikipedia
続きを読む

記事引用元
【切ない】斎藤佑樹投手、自分の試合が甲子園ベスト1に選ばれ、喜ぶwwwww



#2chまとめ

スポンサード リンク


関連記事

スポンサード リンク

スポンサード リンク