ヨガの効果は心もカラダも健康になれる究極のエクササイズ。脂肪が燃えやすいダイエットいらずのカラダへ導く真のカラダ改革。

ヨガとストレッチはどこが違う?

スポンサード リンク
q&a02

ストレッチは体の筋肉、筋などを伸ばして、体の緊張をほぐしたり筋肉痛や攣りを

防ぐ効果などで、単なる運動に近いですが、ヨガのポーズは、体を動かす運動神経

と刺激を感じる知覚神経、それに呼吸などを統御する自律神経の三つの神経の作用

があります。


ヨガのポーズを数秒から数十秒間キープしますが、この時に知覚神経が働きます。

そして呼吸に合わせてポーズをゆっくり動作するので自律神経が整えられます。

ヨガのポーズは神経をフルに活用するので、体の隅々の細胞にまでエネルギーが巡り、

気の流れ、経絡への刺激などが複雑に作用します。


そしてこのような心地よい刺激を感じながらポーズを取ると、例えば、前屈のポーズ

の時は知覚神経を稼働させて「前屈している」という刺激を意識的に感じると、ヨガ

の効果がアップすることが実証されています。

さらに、ヨガがストレッチや他のエクササイズと違う点は、普段あまり使われない

インナーマッスル(深層筋)にまで刺激が届くという点です。ヨガのゆっくりとした

ポーズによって自分の意志では動かせないインナーマッスル(深層筋)や内臓筋に

まで刺激が届きます。

このインナーマッスル(深層筋)は実は脂肪の燃焼に働く筋肉で、表層筋ばかり鍛え

ても、なかなか取れない脂肪を深層筋に刺激を与えることで脂肪がどんどん燃焼

していきます。





スポンサード リンク


関連記事

スポンサード リンク

スポンサード リンク