ヨガの効果は心もカラダも健康になれる究極のエクササイズ。脂肪が燃えやすいダイエットいらずのカラダへ導く真のカラダ改革。

【朗報】のんさん×山田洋次監督の対談が実現について

スポンサード リンク

【朗報】のんさん×山田洋次監督の対談が実現

1 :湛然 ★@\(^o^)/ 2017/06/09(金) 07:04:09.98 ID:CAP_USER9.net
『この世界の片隅に』は「うれしい成功例」 のんさん×山田洋次監督
2017年06月09日

 「家族はつらいよ2」が公開中の山田洋次監督(85)と、「この世界の片隅に」で声優を務め、寅さんファンでもある俳優のんさん(23)。
名監督と個性派女優が初対面し、世代を超えた異色の対談が実現しました。

「この世界の片隅に」のヒットに山田監督は「珍しい成功例。映画人としてうれしい」と語り、寅さんが全盛だった時代の映画館についても話が広がりました。
【対談前編】
「こんな時代だから、大笑いしたい」 のんさん、山田洋次監督と対談

重苦しい時代でも楽しく見られる映画

 のんさんが主人公・すずの声を担当したアニメ映画「この世界の片隅に」は、戦時中の広島を生きる女性の日常を丁寧に描いています。昨年11月に公開されると、口コミでジワジワと評判となり、異例のロングランヒットを記録中です。

 山田洋次監督「あの作品は本当に楽しく見られるね。だけど、描かれている時代の歴史は重く暗い。原爆も落ちる重い現実があるのを知りながら、つい笑ったり楽しく見ちゃったりするのが、あの映画の魅力じゃないかねぇ」

 「あの時代を描いて、深刻な映画を作るのはそんなに難しいことじゃない。だけど重苦しい時代を描きながら、大笑いするわけじゃないけどほほ笑ましく見てしまう。すずさんの姿をついニコニコしながら見ちゃう、というのはなかなかできない」

苦労した映画のヒット、うれしい

 のん「映画館でご覧になったんですか?」

 山田「映画館で見ましたよ」

 のん「素朴な疑問なんですが、普通に映画館に行かれるんですか?」

 山田「そりゃあ行きますよ。今はDVDでもパソコンでも見られる時代だけども、僕たちが作る映画はやっぱり映画館で見てもらいたい。そういうつもりで映画を作ってきた。テレビのない時代に映画界に入りましたからね」

 「だから努力して映画館に行くようにしますよ。映画館で映画を見る習慣を失っちゃいけないと思っています。でもずいぶん長い間(上映を)やっていましたね。なかなか忙しくて見られなかったんだけど助かった」

 のん「ありがとうございます」

 山田「苦労してお金を集めて作った映画があんな形で大ヒットしていくっていうのは、僕たち映画人から言わせればとてもうれしいですよね。映画っていうのはそうであってほしいな、と。珍しい成功例じゃないんですかね」

ジワジワ反響、一体感生まれた

 山田「色々あの時代のこと、読んだり聞いたりしたでしょう? 僕なんかは少年時代で、知っていますからね。いちいちこう、『そうだったなぁ』という思いで見ました」

 のん「そうですね。その時代を考えながらというのは難しかったですけど、すずさんがああいう風に明るくしているおかげで『この世界の片隅に』という作品ができました」

 山田「僕はちょうどすずさんが小学校に入る頃に生まれたのかなぁ。あの映画でも一貫しているけど、おなかがすいたっていう記憶ね。おなかいっぱいご飯食べたってことはなかったんじゃないかな」

 「振り返ると悲惨な時代なんだけども、その中で楽しいことを見つけて懸命に生きていくということを人間はするわけ。あの主人公を見ていると、『ああ、頑張って生きなきゃいけないな』ってみんな思ったんじゃないのかな。本当に素晴らしい映画でしたね」

 のん「ジワジワと反響が広がって。見ている方が映画を宣伝してくださる一体感もあっておもしろかったです」

>>2以降につづく)

2人で山田洋次ミュージアムを訪ねた山田監督とのんさん(左)=東京都葛飾区、鬼室黎撮影
http://withnews.jp/article/f0170609000qq000000000000000W02x10501qq000015321A
のん(本名:能年玲奈)
能年 玲奈(のうねん れな、1993年7月13日 – )は、日本の女優、ファッションモデル。 デビューから本名で活動していたが、2016年7月より、芸名をのんとして活動している。報道などではのん(本名:能年玲奈)などのように表記される場合がある。 兵庫県神崎郡神河町出身。

概要
2006年、ローティーン向けファッション雑誌『ニコラ』(新潮社)のモデルだった新垣結衣に憧れて第10回ニコラモデルオーディションに応募し、グランプリを獲得。レプロエンタテインメントジュニア部「j-class」に所属し、2006年から2010年まで同誌専属モデル(ニコモ)を務めた。 2013年2月8日、公式ファンクラブ「くるぶし。」を開設。同年4月、オーディションで1953人の中から選ばれて、NHK連続テレビ小説『あまちゃん』のヒロイン・天野アキ役を演じた。同作での演技により東京ドラマアウォード2013主演女優賞、第78回ザテレビジョンドラマアカデミー賞主演女優賞を受賞、また劇中のセリフ「じぇじぇじぇ」は2013年新語・流行語大賞の年間大賞を受賞した。12月31日に放送された第64回NHK紅白歌合戦では紅白PR大使を務め、「あまちゃん」“特別編”と題した企画ステージに出演した。 2015年4月、事務所独立騒動が発生し、以降事実上の休業状態となった。 2016年7月より、芸名を「のん」に変更して活動することを表明。同月15日には映画『ホットロード』がテレビで放送され、久しぶりのテレビ出演となった。

a
のん(本名:能年玲奈) – Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/Wikipedia
続きを読む

記事引用元
【朗報】のんさん×山田洋次監督の対談が実現



#2chまとめ

スポンサード リンク


関連記事

スポンサード リンク

スポンサード リンク